在宅医療・介護

目次

在宅医療のご案内

渋谷区医師会では地域包括ケアシステムの実現のため、在宅医療の取り組みを積極的に行っております。区民の皆様が、住み慣れた場所で安心して医療や介護が受けられるよう、渋谷区の行政や歯科医師会、薬剤師会、その他在宅医療・介護に携わる多職種の方々と密接な連携体制を取り、より良い在宅医療が提供できるように心掛けております。お近くの在宅医療実施医療機関や訪問看護ステーション、介護事業所の問い合わせや在宅医療全般のご質問は、渋谷区在宅医療相談窓口へお問い合わせください。

渋谷区在宅医療相談窓口のご案内

渋谷区医師会では渋谷区在宅医療相談窓口を運営しております。

保健師・看護師・社会福祉士、介護支援専門員等の専門の相談員が常駐し、在宅医療・介護に関する様々な問題や退院・転院支援などのご相談を受け、地域包括支援センターやケアマネジャーと連携して必要な支援を行います。

【渋谷区在宅医療相談窓口】

住所

渋谷区桜丘町23番21号
渋谷区文化総合センター大和田1階

相談方法

TEL03-3770-0527
メールご相談フォーム(こちら)
来所渋谷区在宅医療相談窓口にて
訪問ご自宅や医療機関等

利用時間

月曜日〜金曜日
(休日)土・日・敬老の日を除く祝日・年末年始
9:00〜19:00

(ご相談例)

✿病院への通院が難しくなった。近所にあるかかりつけ医を紹介してほしい。

✿寝たきりのため、訪問医や眼科の往診医を探してほしい。

✿かかりつけ医がいないため、介護保険の申請に必要な主治医意見書を作成してもらえる医師を探してほしい。

✿区外の病院に入院だが、親族が居住する渋谷区内の病院に転院したい。

✿がんの末期のため最期は自宅で過ごしたい。24時間対応の訪問医・訪問看護など、在宅での療養体制を整えてほしい。

地域包括支援センターのご案内

介護や支援を必要とする方で、介護保険の利用、総合的な相談、高齢者虐待の相談などが必要な場合は、お近くの地域包括支援センターにご相談ください。渋谷区は地域ごとに11の地域包括支援センターがあります。渋谷区医師会では、ひがし健康プラザ地域包括支援センターと大向地域包括支援センターを運営しております。

地域包括支援センターの一覧表はこちら

渋谷区医師会多職種連携ネットワーク(ICTネットワーク事業)

渋谷区医師会では、専用のネットワークシステムによる「渋谷区医師会多職種連携ネットワーク」を構築しております。セキュリティを強化した独自のネットワークシステムで、在宅医療・介護にかかわる情報を多職種間で速やかに共有することができます。渋谷区医師会の会員が主治医の療養者の方でしたらネットワークの利用ができますので、ご希望の方は医師会事務局までお問合せ下さい。

渋谷区医師会事務局TEL: 03-3462-2200

在宅難病患者訪問診療支援事業

寝たきり等で通院が困難な在宅難病患者様に対して、専門医を中心とした医療チームと在宅医がチームを組み、訪問診療をおこなっております。詳しくは渋谷区在宅医療相談窓口にご相談ください。

在宅療養研修事業

渋谷区医師会では年に1回、在宅医療・介護の関係者との「多職種研修会」を開催しており、在宅医療に関する問題点について話し合っております。また、病院関係者への在宅医療の理解促進のため、「病院内での理解促進研修」も年1回開催しております。

渋谷区医師会「在宅医療・介護連携だより」

在宅医療に関する研修会の内容などを広く知っていただくため、「在宅医療・介護連携だより」を発刊しております。

お問い合わせ
Top