子どもの健診・予防接種

目次

子どもの健診

乳幼児健診(乳幼児健康診査)は、栄養状態や発育の確認などを定期的に行うことで、子どもの健康保持及び増進を図ることを目的としています。成長で気になっていることや子育ての不安などがあるときは、予め母子健康手帳に記録して質問するようにしましょう。

  • 3・4か月乳幼児健診:指定の保健相談所
     皮膚の状態、追視や音への反応、首の座り、股関節の開きなどをチェックします。
  • 6・7か月乳幼児健診:地域医療機関
     おもちゃなどをつかめるか、お座り、寝返りなどをチェック、離乳食の確認などをします。
  • 9・10か月乳幼児健診:地域医療機関
     はいはい、つかまり立ちなどをチェック、離乳食の回数などを確認します。
  • 1歳6か月児健診:地域医療機関
     1人歩き、意味のある言葉をいくつ話せるかなどをチェックします。
  • 1歳6か月歯科健診:指定の保健相談所
     歯の生え方や本数、虫歯のチェックをします。
  • 3歳児健診:指定の保健相談所
     二語文を話せるか、コミュニケーション能力や自我の確立の確認などを行います。

詳細は渋谷区ホームページをご覧ください。

子どもの予防接種

定期予防接種と任意予防接種

子どもたちを「ワクチンで予防できる病気(VPD:Vaccine Preventable Diseases)」から守るためには、乳児期から多くのワクチンを接種する必要があります。

確実に予防接種を受けていただくためには、保護者の予防接種に対する正しい理解が必要です。

定期予防接種

「予防接種法」という予防接種の規則を決めた法律に基づくワクチンです。
決められた接種期間に決められた回数を無料で受けることができます。

詳細は渋谷区ホームページをご覧ください。

任意予防接種

「予防接種法」に基づかないワクチンです。
定期予防接種との違いは制度上のもので、共に重要なワクチンです。
費用は個人で負担することになりますが、区の助成が受けられます。

詳細は渋谷区ホームページをご覧ください。

予防接種のスケジュール

生後2か月になったら予防接種を開始しましょう。
初めてのワクチンは、ヒブ+肺炎球菌+B型肝炎+ロタウイルスが一般的です。

日本小児科学会が推奨する予防接種のスケジュール(日本小児科学会サイト

知っておきたいワクチン情報(日本小児科学会編)

総論
予防接種の目的や意義を理解し、副反応や注意すべきことなどを確認しましょう。
生後2か月、生後1歳、小学校入学時がポイントとなる接種時期です。

総論のPDF一覧はこちらから

各論
それぞれのワクチンはどのような病気を防ぐことができるのか、ワクチンの効果、副反応についての説明です。

各論のPDF一覧はこちらから

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

HPVワクチンは、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンです。

2013年から定期接種となり、小学校6年生から高校1年生相当の女子が無料で接種できます。しかし、2020年9月現在、厚生労働省の「積極的な勧奨接種」の中止により、日本におけるHPVワクチン接種は極めて低い状況です。日本小児科学会、日本産科婦人科学会および関連する学会は、HPVワクチンの積極的な接種を推奨しています注1-3)

正しい情報を知り、ご家族でHPVワクチン接種に関して検討をしてみてください。また、かかりつけ医にご相談ください。

注1)子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)の小児科関連学会の見解. 予防接種推進協議会 2016.4.18
http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/20160418_HPV.pdf

注2)HPVワクチン接種を勧めましょう. 日本外来小児科学会 予防接種委員会 2019.2.3
http://www.gairai-shounika.jp/activity/unei/yobo_sesshu/HPV_vaccine.pdf

注3)子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)積極的接種勧奨再開に関する要望. 日本小児科医会 2020.1
PDFはこちら

関連資料

お問い合わせ
Top