一覧にもどる

百日咳~長引く咳に要注意~

予防注射の普及でその発生数が減少し、子供の病気と思われがちな百日咳ですが、近年長引く咳の原因として大人の百日咳にも注意が必要です。

百日咳とは

おもに百日咳菌による飛沫感染(感染者の咳などによって飛び散った気道分泌物を吸い込む)が原因で、潜伏期はおよそ1週間前後です。多くは小児にみられ、予防注射が受けられない地域の人々や、注射をまだ受けていない新生児・乳児にとっては恐ろしい感染症です。

症状

特徴は頑固な咳で経過は3段階に進んでいきます。

1)カタル期:最初は風邪と同じ症状(鼻水、くしゃみ、微熱)で始まりますが次第に咳が強くなります。

2)咳発作期:カタル期から1~2週間後に特有の咳の発作が出現します。咳はコンコンと立て続けに起こり、最後にヒューと音をたてて息を吸い込むような特徴的なもので、粘稠な痰を出して発作は終わります。咳の発作は特に夜間に多く、平均1~6週間続きます。成人では一般に小児に比べて症状が軽く、このような典型的な咳発作がありません。

3)回復期:咳の発作は徐々に軽減し数週間で咳は止まり、症状はなくなります。学校保健法により、特有の咳がなくなるまでは登園、登校はできませんので、必ず医師の診察、証明を受けて下さい。

診断

鼻咽頭ぬぐい液からの百日咳菌の培養検査や血液中の抗体価の測定、周囲の感染状況などから判断します。成人の場合は典型的な症状を欠くために診断が遅れ、ワクチン未接種の新生児や乳児に対する感染源として注意が必要です。

治療

マクロライド系の抗生物質が有効で、カタル期に使用することで症状を軽減することが可能です。咳発作期になってからでも周囲への菌の拡散防止には有効とされています。

予防

最も有効な手段はワクチン接種です。日本ではジフテリア、百日咳、破傷風の3つが一緒になったDPT3種混合ワクチンが定期予防接種として実施されています。しかしながら小児期に受けたワクチンの効果が十数年後に減弱してしまい、成人になってからも感染してしまうケースもあります。

長引く咳に要注意

欧米では成人の長引く咳の原因の13~32%が百日咳との報告があります。日本の調査でも乾いた咳が3週間以上続く成人患者の18.5%で百日咳菌の関与が認められたとの報告があります。風邪をひいた後になかなか咳が止まらない場合は早めに医療機関を受診して適切な診断、治療を受ける必要があります。成人の百日咳は症状が軽く、知らないうちに感染源になっている可能性があるからです。

(2007.09.21)

ページトップにもどる