一覧にもどる

渋谷区医師会附属看護高等専修学校

教育理念

渋谷区医師会附属看護高等専修学校が果たす役割は、渋谷区を中心とした地域の医療機関や福祉施設において、ひとびとの健康の担い手として活躍できる准看護師を育成することを責務としている。

本校は、一人ひとりの学生を尊重し、豊かな人間性を基盤として、自己と他者をも大切にする心と態度を養う。更に、専門的知識、技術および責任感、倫理観など看護職としての態度を身につけ社会に貢献できる人材を育成する。


教育目的

当校では准看護師として必要な知識、技術、態度を習得するとともに、あわせて豊かな感性と教養を養い、社会に貢献できる人材を教育する事を目的としています。


学校長のあいさつ

IMG
  近年の新しい治療や診断技術の開発によって、医療の分野は目まぐるしく進歩、変化しています。しかし、どんなに医療が進歩しても、病む者への医療、看護の基本は変わりません。病気に苦しむ患者さん、家族の方に最大限の援助を行っていくこと、手を差し伸べること、すなわち手当てをすることは看護の基本として変わりありません。

本校は平成28年に創立50周年を迎えました。昭和39年渋谷区医師会附属副看護学院として発足し、41年に附属准看護学校、52年に附属看護高等専修学校となり准看護師の養成に携わってきました。この半世紀に世に送り出した卒業生は2000名近くを数え、准看護師の資格試験の合格率は100%です。平成23年には医師会館と共に現在の渋谷区文化総合センター大和田9階に移転し、交通の便のみならず設備面も大変充実し、さらに教員、講師陣の増員を進めながら、教育内容の質の向上を図っています。平成28年度からは副校長に専任の看護職を充て、臨床心理士による学生へのカウンセリングシステムの導入、各分野の第一線の医師による講義の導入などを行っています。また本校の実習は、都立広尾病院、JR東京総合病院、代々木病院、根岸病院と充実した施設での懇切丁寧な実習指導が行われ、大変恵まれております。今後は時代のニーズに則した地域と連携した教育等も導入していきたいと考えております。

他地域では医師会が准看護師の養成から手を引いていく中、本校は看護の知識、技術のみならず、医療者としてのプロフェッショナルな姿勢を身につけた准看護師を育ててまいります。本校を志望される皆様が、病む人々と真摯に向かい合い、優しい手を差し伸べる看護職になられる学習環境を整え、皆さまをお待ちしております。

学校長 稲垣 稔


お問い合わせ先

渋谷区医師会附属看護高等専修学校

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田9階
TEL:03-3462-2318
FAX:03-3462-2313

ページトップにもどる